2014-10-05 14.37.04

簡単に政治について勉強してみる03-政治と年齢-

Pocket

今年で28歳になる代表ですが、学生時代の政治の勉強を全く思い出せません。でも、そういえば25歳で選挙立候補できなかったっけ?なんて曖昧な感情が芽生えているので今回は政治と年齢制限について勉強してみます。

●政治に関する年齢制限

これは公職選挙法10条1項に書いてあるようです。

一、衆議院議員については年齢満二十五年以上の者
二、参議院議員については年齢満三十年以上の者
三、都道府県の議会の議員についてはその選挙権を有する者で年齢満二十五年以上のもの
四、都道府県知事については年齢満三十年以上の者
五、市町村の議会についてはその選挙権を有する者で年齢満二十五年以上の者
六、市町村長については年齢満二十五年以上の者

そして選挙権(投票する権利)は第9条に

日本国民で年齢満二十年以上の者は、衆議院議員及び参議院着委員の選挙権を有する

というふうに明記されております。
つまり、私はその気になれば出馬できるということです(参議院と都道府県知事以外)。でも、飲み会とかで『俺、選挙出るわ。。』って言って選挙に出馬した人を見たことがありません。同世代で出馬して当選している人はいるのでしょうか?

●20代の政治家はいるのか?

調べていたらぷぶりすてらなるサイトを発見致しまして年齢順の国会議員の方を見つけました。

衆議院議員 鈴木貴子さん

プロフィール等気になる方は上のリンクからどうぞ。現在国会議員には20代の議員が1名しかいない模様です。
どうやら父親が何かで有名になった鈴木宗男さんみたいですね。
何で有名になったかは全く覚えておりません。ただ、やっぱり近しい人が政治に関わっていないと政治家になれないのかなとも思ってしまいます。なれないというか、政治家という職業を近くに感じることができないのが実情ではないでしょうか?

●もっと気軽に選挙に出られる仕組みを

先日話題になったインターネット選挙。インターネットでの選挙活動の解禁です。これによって、前よりは政治の情報が多くの人に届くようにはなったと思います。しかし、まだ興味のある人だけが情報を探す状態です。

若者が政治に興味がない理由は『臨場感がない』。これに尽きます。何をやっても政治は変わらない。何をやってもオジサマ、オバサマ方には届かない。そう思っている人はたくさんいます。だからって何もしないと何も変わりません。僕らの世代はインターネットとともに育ってきました。これを武器に少しずつ世の中を変えていこう!と最近少し思います。

知識はないから今から勉強します。

権力もないから仲間をたくさん作ります。

一緒に楽しい街を作ってくれる人がこのブログを介して集まってくれたらそれが最高だなーーと感じる2014年秋。

少し話しがそれましたが、これが今の日本の政治に関する年齢制限でした!それではこれからも不定期ですが一緒に勉強していきましょう!

 

福岡が楽しい街になりますようにーーー

Share Button
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>